FC2ブログ

トマトの栽培日記

トマト栽培における日々の作業や出来事を文字と写真で紹介。

猪の被害

       猪の被害2        猪の被害

稲刈りを1ヶ月後に迫ったこの時期、山間の水田は猪の被害に遭っています。
猪の被害は、収量の減収だけではなく、稲を踏み込まれるので、コンバインでの作業が非常にしずらくなります。

                   P1000744.jpg

我が家では、猪が水田に入らない工夫として、電線で水田囲み高電圧の電流を夜間流すようにしています。
この方法も、絶対に猪が入らないと言う保証はなく、出来ることなら、我が家の水田には猪様入らないようにとの願いです。
何とか被害を最小限に抑えて、実りの収穫を迎えたいモノです。

スポンサーサイト



  1. 2008/09/12(金) 20:33:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トマト斑点細菌病

                   斑点細菌病
朝夕の気温が20℃位の冷涼な頃になると、ミニトマト「千果」にこの病気が発生し始めます。
この病気は、4年ほど前から「千果」に発生し始め、「千果」は、わけてもこの病気の被害に遭いやすく、殺菌剤として「ロブラ-ル水和剤」などがあるのですが、その効き目はもう一つです。
この病気(斑点細菌病)に強い他の品種を選ぶ事も考えるのですが、美味しさを考えると、この病気に懲りず、「千果」を作り続けています。
来年は、この病気の被害を今年より少なくしたいモノです。

  1. 2008/09/04(木) 20:43:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0